野辺山参戦記
ではそろそろ胃も落ち着いてきたので、野辺山ウルトラマラソンの参戦記を書き記しておきます。

来年の参考になればと思います。

土曜日、仕事が21:00に終わりお風呂や身支度を整え野辺山に出発。
今回は受付が日曜日3:30~4:30という事もあり車中泊にしました。
受付から一番近い駐車場は2:30から入れると書いてあったものの到着した0:00には車が停められた。
ここが満車になるとかなり遠くに停めなくてはいけないのでラッキーだった。

1:00 就寝
3:00 起床

2時間の睡眠で100キロ走るのだからかなり過酷である^^;

3:30 受付



テーピングやゼッケン付けたり、荷物預けたりで結構大忙し。

4:30 準備完了、スタート地点へ

結局朝飯は買ってあったものの、食べる事も出来ずスタート。
エイドでおにぎり、お蕎麦と色々食べれそうだったのでまぁ大丈夫だろうぐらいでスタートした。



いよいよです。
号砲とともに100キロ走ると思うとワクワクドキドキです。

スタートから少し進むと林道トレイルに入ります。
八ヶ岳横岳中腹を走り、コース最高地点1908mに到着(2:00)



はっきり言って笑顔ですが、既に高山病ぽく頭痛が酷く辛かったです。
寝不足だし、覚悟はしていたので早く標高を下げることを意識しながらどんどん先に進んだ。

稲子湯到着(4:36)
写真はここまでほとんどありません。
私の作戦は71キロを9時間で入ること。
取り敢えず9時間で入れなければ今回は完走出来ないつもりで飛ばしました。
71キロで足が終わってもいいと思ってました。
後半失速するのはわかっているし、温存したところ後半生かせるかは微妙だったから。
ならば悔いの残らないように、結構いけるとこはどんどん行きました。
ただいま下り方はさすがに気を使い、スピードがでてもキロ5分ぐらいで出来るだけ太腿に負担なくブレーキをかけないよう進みました。



お汁粉は食べれたのですが、この時点でおにぎりが喉を通らなかった…。
それでも強引に流し込み、先に進む。

基本大きいエイドで滞在時間5分以内、小さいエイドは1分と決めていた。
エイドの数だけでも27ヶ所もあり、1分づつ寄っても27分も休憩することになる。
出来るだけ長居しないのが、私のどの大会でものルール。
ましては座りこまない。
確かに71キロで滝見の湯でマッサージサービスがあり順番待ちなしで施術出来たのですが、我慢してスルーした。
一瞬良くはなると思ったけど、身体が止まってダレる方が怖かった。
ラスト7キロで脚が止まってしまったのですが、あの時マッサージを受けていたら走れてた?
うーーーん、なぞです。

稲子の湯からは下りが10数キロと続きます。



この下りから膀胱炎の症状現れる。
揺れると膀胱が痛い、常に残尿感がある。
ロングトレイルの時によく現れる症状。
クラビット(抗生物質)持参していたのですぐに飲む。
この薬は1日1回のせいか、効き目が遅い。
なので症状が出た時は躊躇なく飲んだ。
42キロ地点で飲み、効果があったのは2時間後ぐらいでだったでしょうか。
それまではでもしない尿のために何度もトイレに行きました。

第三関門の小海中学校横公園(5:41)
この時点で1時間20分の貯金ができ少しホッとしています。

時間が無ければ、待ってまで食べようと思ってなかったお蕎麦を食べることにした。
食べる気持ちはあるのですが、結構喉を通らない。
つゆものなので流し込みましたが、結構胃が疲れてる感じ。





味といいますと…麺つゆって言うのがちょっとした残念ですが、美味しく頂きました。

さてここ50キロ地点から71キロ地点まで気温も上昇し日陰も少ないロードになり、緩い登りと下りが20キロほど続く。

ここの攻略が一番ポイントだったのではないでしょうか。
予想ではきっと暑くて歩いてしまうのではと思っていましたが…。

結構走りました!!

走れました!!

抜きまくりました!!

皆さん暑くて歩いている人多かったですからね。

しかし暑かった!!
暑さ対策は力水を頭からかける。
それと効果があったのは、アームカバーを水に濡らす。
これが結構4キロぐらいは乾かずヒンヤリと保つ為体温を下げるのには効果的だった。





メンタル的にやられると言われてる往復コースを走り抜け、目指すは第四関門 滝見の湯71キロ地点。
さて71キロを何時間ではいれたか。

8時間25分!!



まずまずだな。
確かに、12時間30分でのゴールはこのくらいのスプリットタイムだったようね。
目指すとこは完走から、最速タイムに切り替わった。

膀胱炎も頭痛も治まっていたので、気持ちに余裕があった。
ただ心配事は食欲だった…。



確かに冷たい蕎麦と思いきや温かい蕎麦で、こちらも既に喉に通らず、半分でギブアップ。
着替えを用意してあったのですが、時間が勿体無いのでので、着替えずそのまま走ることにした。

ここから4キロほど走り馬越峠にはいるのですが、この4キロの緩い登りをしっかり走ること、とアドバイスを頂いていたので遅くともしっかり走りました。

峠に入ればあるきになるのだから、出来るだけ走りましょうってことだ。

いざ馬越峠。



ほとんどの人達が歩いていました。
走っている方もいましたが、私の速歩きとあまり変わらないレベルでしたw



漸く日陰ができ暑さからは解放された気分です。
時々風が流れ込み気持ち良く感じた。

4キロほど登ると馬越峠のピークに到着(9:44)
自転車とランで試走をしていたので馬越峠が長いとか辛いとは思いませんでした。
快調に攻め歩き。



こうやって今写真を見ると、ここにいる人達下りでかなり差をつけましたが、最後に全員に抜かされたなw
6キロほど下って行くのですが、ここも快調で何の違和感もなくキロ5分ちょいで下る。

そして第6関門 川上村原公民館(10:34)





力水を浴びる私。
色々トラブルはあるものの順調なので笑顔ですね。
ここまでくれば残り13キロ。

うどん食べていざ!!と思うもまた半分で残す。



12時間前半のゴールを目指して出発です。

ですが、ここからが長かった。

走ったり歩いたりの繰り返し。
ラスト7キロ地点からはほぼ歩き。

ラスト5キロの看板がなかなか出てこない。



デカフォレスト(10回完走者)の方が5キロの看板出てこないでしょーと私の気持ちを見抜いているような言葉をかけてくる。

きたーーーー95‼️(11:50)



12時間前半でのゴールは無理だな。

ホント走りたいのに走れない。

走りに来たのに走れない。

結構走っている人はいたが私には無理だった…。


ふと右側を見ると電車が通る。
うちの奥様が乗っているだろう電車です。

思わず誰でもいいので電車に向かって手を振ったら、一両目の叔父さんが手を振り返してくれたw

そしたら二両目に奥さんが大きく手を振ってるじゃありませんか!!
かなり感動しちゃいました。

ランナーと電車がすれ違う一番ベストの場所はここであり、私のペースが落ちたのでタイミングが良かったんですね。

妻の撮影↓



よーーーくみると私も手を振っています。



一瞬感動して走れるかとおもいましたが、やっぱり走れず(笑)

そのままラスト1キロぐらいまで行き、応援の方が増えてきたら徐々に走れるようになってきました。

ラスト一直線の手前で奥さんと合流。
よくある夫婦でゴールとかありなので、手を取り合ってゴールに行こうと思ったら、こんな格好だから嫌だとまさかの拒否。

まぁ、皆んな見てるし、知り合いも沢山ゴールテープのとこにいたしね。



気持ち良くレッドカーペットを走れました。

そして

ゴール。





いやー、楽しかった。

頭痛、膀胱炎、脱水気味なときはどうしようと思いましたが、いつか必ずまた調子が上がってくると信じて走りました。

これっぽちもあきらめず、短なエイドを目標に淡々と進んでいくのがよかったのではないでしょうか。

初ウルトラ、初野辺山の割には納得のタイムと充実感でいっぱいです。

強いて言えば、ラスト7キロを走れる走力があればよかったのですが…。


参戦記も長くなりました、今夜はこの辺んで…。
暑さのせいで私の記憶も途中キレキレなので、一致しない内容もあるかもしれませんが、ご了承ください。
だいたいこんな感じだと思います😅





【2016/05/27 00:01 】 | まったり組 ウルトラ | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<ハセツネ優先エントリー | ホーム | −7キロの減量>>
コメント

いつもの更新しなくてもいい様な
更新と違って、久しぶりに熱量の
高い更新で、電車でのくだりでは
思わず感動してしまい、コメント
せずにはいられませんでした。

アベックゴールのテンションの違いは
素晴らしい落ちです。

コメントついでに。
男の裸がよくアップされますが、
気持ち悪いので自重してください。
多分、他の読者の方も同意見だと思いますよ。

お疲れ様でしたm( ・ω・)m
【2016/05/27 14:42】| URL | てーおー #-[ 編集] |
Re:
奥様は電車の中で大声をあげかなり恥ずかしい思いをしたとか。
100mは離れてたけど、その応援が伝わったし、やばい大声だしちゃった的な恥ずかしさすら伝わった。
映画のワンシーンかと思ったYO

裸のくだりですが

読者の事すっかり忘れてたw
気持ち悪いと思う人はみなくていいんです。
読者が勝手に決めて下さい。

もはやブログと言うか、
どんだけ走って、どんだけ痩せた的なワークアウト日記である。

【2016/05/28 00:22】| URL | niku #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://niku2918.blog31.fc2.com/tb.php/2357-5a7bb4dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |